ホーム > ロールスクリーン > 修復と復元

ロールスクリーン

修復と復元


メタコは、昔のローラーブラインドの修復と復元工事を多数手がけてきました。

ローラーブラインドは、一世紀以上前の江戸時代の末に、主にアメリカやイギリスから渡来し始め、主に洋風の建物の窓に取り付けられました。

現在のロールスクリーンの呼称はメタコが30年程前に考え、メタコの新しい製品ブランドとして使い始めて流布されました。輸入された古いウッドローラーのブランド名には、HARTSHORN、HAVILAND、ECLIPSE等があり、昭和に入ってからは、国産のブランドとして、STRONG、NEWS等がありました。

この間メタコは「財団法人 文化財建造物保存技術者協会」や諸官庁、ゼネコン、設計事務所などの要望に沿って、多数のローラーブラインドの修復と復元工事を行っております。

○代表的な実績例
天鏡閣 福島県猪苗代
奏楽堂 東京都台東区上野
旧山形県庁 山形県山形市
富士屋ホテル 神奈川県箱根
香雪美術館 兵庫県神戸
呉市入船山記念館 広島県呉市
山口県議会議事堂 山口県山口市
旧伊藤博文邸 山口県熊毛町
高取邸 佐賀県唐津
旧唐津銀行 佐賀県唐津
三菱一号館 東京都千代田区丸の内
旧池田氏庭園洋館 秋田県大仙市
デ・ラランデ邸 東京都小金井

奏楽堂
山口県議会議事堂
旧伊藤博文邸
旧池田氏庭園洋館
旧唐津銀行
デ・ラランデ邸
PAGE TOP
© METACO inc. All Rights Reserved.
METACO inc.
株式会社メタコ/窓や開口部装飾(網戸/ロールスクリーン)を自社開発・製造・販売しています。